町田市で注文住宅を建てる前に既存の家を解体しました!

町田市で注文住宅を建てる前に既存にある家を解体しました。

解体工事と言っても、最近は分別解体が主流です。
一昔前は、ミンチ解体と呼ばれる解体方法がありました。ミンチ解体とは、その名の通り屋根材/内装材などを分別せずに、上から壊してミンチ状にばらばらにしてしまう方法です。

これは、資材の中にタイル、金属、断熱材などの物質も含まれ、有害な物質まで含んで、産業廃棄物に一緒に処分し、埋め立て地に運ばれ、環境的に悪化の一途をたどってしまうため、禁止された方法です。

最近では、建物の内装や外装をきちんと手作業で分別し、適正な処分方法と、解体計画ですすめる分別解体がメインとなっております。
費用は、ミンチ解体の方が分別解体に比べ、人件費は安く済みますが、産業廃棄物の処分料が高くつきます。
それであれば、環境にも優しく、周辺の住民の方々にも安心な手作業で内装を分別解体するのがいいですね^^

分別解体画像
分別解体