寒中コンクリート養生!

冬期間の生コンクリート「寒中コンクリート」の養生中。

寒中コンクリートでは、打設後にコンクリートが凍結しないようにしなければなりません。
実際、凍結してしまうと強度の上昇や回復は期待できません。

寒中コンクリートには、初期養生がとても大切です。

打ち込み中及び打ち込み後5日間は、コンクリートの温度を2度を下がらないようにしなければならないのです。

今回も保温材にで、がっちりと養生しました^^
コンクリート養生画像