気密の重要性。

家の気密について

断熱性の高い家は、簡単に例えると「服をどれだけ厚着しているか」となります。
高断熱にすると、熱が外から室内へ通りにくく、室内から外へ逃げにくい家となります。

気密が良い家は、単純に隙間の少ない家となります。

家の隙間が多いと・・・

冬は冷たい空気が家の中に入り、暖房の暖かい空気は外に逃げていきます。
夏は暑い空気が家の中に入り、冷たい空気が外に逃げてしまいます。

隙間の大きな家は、壁の中の断熱材の性能が100%発揮できなく、換気性能についてもバランスの取れた換気システムが構築できなくなります。

断熱性能+気密性能+換気システム

この図式は、絶対となるわけです。

そして、気密性能を上げるためには、現場での私たちの細かな施工がとても大切となります。

床下/気密テープ処理
天井・壁/防湿シート処理
天井・壁/防湿シート処理
天井・壁/防湿シート
天井・壁/防湿シート処理
コンセント/防湿処理
コンセント/防湿処理

このように丁寧に気密工事を行うことで、隙間からの空気の出入りが無くなります。

断熱工事/気密工事完了後、気密測定を実施します。

気密測定
気密測定
気密測定
気密測定

気密性の高い家は、計画換気の恩恵を受けられるため、ダクト式第三種換気システムが適します。

ダクト式第三種換気システムは、他換気システムと違い、年1回のみのメンテナンスでOKです。

大きな住宅でもこの1台で対応できるため低コスト、高パフォーマンスを誇ります。

換気ファンの音も、DCモータを採用しているため、大変静かです。

ルフロ400/ダクト式第3種換気システム
ルフロ400/ダクト式第三種換気システム

お問い合わせ

ヤマコ建設のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
お住まいに関すること、どんな小さなことでもお書きください。必ずお電話または、メールにて返信いたします。