自然素材は良いところ、悪いところあることを分かってほしいんです。

自然素材を選ぶメリット

無垢材の床などは裸足で歩く心地良さに触れると、まずそのやさしさが伝わってきます。
夏には、ひんやりして気持ちよく、冬はほのかに暖かい、温もりを感じさせてくれます。

無垢材は、乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が多い時は水分を吸い込むことで、快適な環境を調整してくれる自然素材です。

また視覚的にも、合板フローリングとは違い年月の変化によって、
木の表情に重み・癒し・落ち着きを与えてくれます。

  •  樹木が本来持つ質感や香りを楽しむことができる
  •  耐久性や断熱性、保温性に優れている
  •  調湿機能があり、1年を通して快適な湿度を維持できる

 

珪藻土画像

 

無垢材のデメリット

無垢材は万能ではありません。デメリットもあります。

優れた調湿作用のため木が「縮む」「膨らむ」という性質があり、多少の反り割れが起こることがあります。
また、同じ木でも木目や年輪が同じものはなく、色ムラがあるものもあります。

こうした生きている自然素材だからこそのメリット・デメリットを、十分に理解していただくことが、無垢材と上手に付き合うポイントです。

 

無垢床画像

自然素材 vs 集成材

よくWEBなどで、無垢材と集成材の比較がされています。

無垢材とは、その名の通り一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出した材木です。
集成材は、ひき板または小角材の繊維方向をほぼ平行にし、長さ、幅、厚さ方向に集成、接着した材木です。

無垢材は、自然素材に対して、集成材は、人工材です。

私たちは、どちらの材料も使用することがあります。
自然素材だけを売りにしているわけではありません。
柱・梁には強度が高い構造用集成材を使用することも多々あります。
(質の良い無垢材と集成材は同等の強度だと感じます。質の悪い無垢材は構造材として不向きと考えています。)

そして、特に大きなスパンや大きな荷重のかかる場合は、構造用集成材を積極的に使用します。

車に例えれば、高級車、SUV、軽自動車も一長一短です。
決して、高級車がいいわけではないと思います。
各家庭に各事情(家族人数、車庫の大きさ、予算など)があるように、車選びもその家族数分の基準があります。

材木に関しても同じで、各家の間取り、構造、予算などに応じて適材適所で選定することが大切です。

そして、それを決める「知識」が重要になってくるでしょう。

私たちは、無垢材・集成材の素晴らしい特性・その逆の厄介な部分も心得ております。
お客さまに、私たちの知識・経験をお話しさせていただき、納得した材料選びをしていただきたいと考えています。

集成梁画像

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

ヤマコ建設のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
お住まいに関すること、どんな小さなことでもお書きください。必ずお電話または、メールにて返信いたします。