天災に耐える強固な家づくりを常に目指してます。


wooden

骨組みは、軸と面で構成されます。

軸で支える在来工法の柔軟性と、面で支える2×4工法の頑丈さを合わせたイイとこ取りの工法でつくりあげます。
従来の木造軸組工法とは違い、柱・梁・面材で支える耐震性・断熱性に優れた工法です。

また、根太レス工法を用いることで、水平方向に対する力に強く、地震や台風によって歪みにくくしております。


allowable-stress-calculation

一棟一棟、水平力に対する応力計算・断面検定、鉛直荷重に対する応力計算・断面検定、基礎の計算を行います。

木造における計算は、簡易方法である「壁量計算」と、詳細方法である「許容応力度計算」があります。

許容応力度計算とは、簡単にご説明すると、「外力を受けて部材にかかる力」が「部材の共用できる力」におさまっているか検討する計算方法です。

安全性能レベルでお話すると、構造計算(許容応力度計算)>性能表示計算>仕様規定となります。

ヤマコ建設では、構造計算(許容応力度計算)による耐震等級3で家づくりすることが可能です。


dailite

面材選定を慎重に行っています。

ダイライト・モイス・ハイベストウッドのみの耐力壁面材を使用しています。
面材が地震に強い、火災に強いなどは当たり前の必須事項ですが、「湿気に強い」「シロアリに強い」面材を考えると、この3種類のみになると考えております。

また施工方法についても、専用釘にてマニュアルを熟知して施工しております。


foundation-construction

構造計算では評価されない例えば、ベタ基礎におけるコーナーハンチなども施工しております。

一般的に基礎のコーナー部分は、不均等な荷重や地震時に負荷が集中しやすい箇所であるので、この部分をハンチ形状にして強化することにより、外力をバランス良く分散させて、地盤に力を逃がすという重要な役割を果たしてくれます。

何となくコーナーに厚みがあると、普通に考えても、強度的に安心感がありません。

foundation-construction
foundation-construction


damping-damper

地震に遭うリスクがさけて通れないからこそ地震対策は非常に大切です。

弊社では別途で、制振ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」の設置が可能です。

「繰り返す揺れ」に効果を発揮する制振ダンパーを設置することで、地震後の補修費リスクを軽減できます。


お問い合わせ

この度は、ヤマコ建設のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

新築工事・リフォームについてのお問い合わせ、ご相談については、

こちらよりお気軽にお問い合わせください。

※自動返信メールはございません。休日・夜以外は、メールをいただいた当日中にご返信いたします。